NOISE4NOISE

japan
 
HomeHome  CalendarCalendar  FAQFAQ  SearchSearch  MemberlistMemberlist  UsergroupsUsergroups  RegisterRegister  Log inLog in  

Share | 
 

 聴いた音源観たライヴ2014

View previous topic View next topic Go down 
AuthorMessage
NOISEXPLOLER.

avatar

Posts : 121
Join date : 2011-11-07

PostSubject: 聴いた音源観たライヴ2014   Tue Dec 31, 2013 10:15 am

お気軽に!
Back to top Go down
View user profile
Yasushi Tahara



Posts : 6
Join date : 2014-02-04

PostSubject: Re: 聴いた音源観たライヴ2014   Tue Feb 04, 2014 12:41 pm

所感:於平成二十六年二月二日国分寺モルガナ
94th6:
スラッジとは間合い。BPMでは測られない強度そのものを叩き付けられた。

黒電話666:
黒電話はギミックやレトロを超え既に彼の観念表象なり。知らぬ峠の廃屋のそぼ降る雨の砧打ち。

MASS PHALLOCENTRISM ATTACK:
コンタクトマイクが喉頭に錐を降ろす時、発語行為自体が意味で意味(BGM)が発語のレトリックと化す奇観。声による逆引き音響事典。言葉もの説が我が脳内に再発動。
都内を霧が占めて了。
Back to top Go down
View user profile
NOISEXPLOLER.

avatar

Posts : 121
Join date : 2011-11-07

PostSubject: 2014.2.11@三宿Web "FISH"   Thu Feb 13, 2014 6:18 pm



2014.2.11@三宿Web "FISH"

ライヴ開始予定時間の少し前に会場着。
DJブースの前には既にそこそこの人だかりが。NewOrderとかかけている。

ライヴの開始予定時間になる頃には結構な人が集まっていた。何やらMCが聞こえ始めたので「P.I.G.S.なのかな?混みすぎて全然見えねえ!」と人込みをかき分けて前の方に行ったらあれ全然違ったわ。やたら美形の白人がギター抱えて座ってる。そうかこれがシークレットゲストか。
おもむろにギターを鳴らし歌いだす。語弊のある表現だとは思うがとても「粗い」。ギターのチューニングとかいい加減ぽいし気怠そうなボーカルもしばしば割れている。だがこの謎の清涼感は何だろう?とても雑で、美しさが逆に際立っている。
帰宅してからあらためて調べたらVårのElias Bender Rønnenfeltであった。

DJを挟んでPHARMAKONの登場。
自作のメタルジャンクとルーパーによるビートとmicrosamplerによる電子ノイズ。ハイボルテージでありながら冷徹なアジテーション。とにかくボーカルがいい。これこそPOWER-ELECTRONICSのライヴだ!と感じされてくれるステージングだった。かつて見たSLOGUNのライヴを少し思い出した。

なにげに一番興味のあった国産HNW,P.I.G.S.の出番が来る前に自分の帰宅時間が来てしまい、そそくさと退場。

BIG LOVEのイベントに出演していたその他の来日勢やSacred bones recordのオーナーも来ていた様子。
Back to top Go down
View user profile
Yasushi Tahara



Posts : 6
Join date : 2014-02-04

PostSubject: 2014/3/23 Psychic Menagerie Vol.25寸感   Sat Mar 29, 2014 12:16 pm

3/23 Psychic Menagerie Vol.25寸感
アビシェイカー:"Observation about air"アルバムは渾身の「ネタ」も所詮は「ネタ」として消え尽くした後の作家的屹立、0ポイントからの清新なる甦りの意志であった。サンプリング技術が音楽を陳列的、雑貨屋的眺望にまで頽落させ、その低徊趣味的日常を等身大などと鼓吹する了見自体が既にありふれている(彼らの前のラップトップ系の某が如上の認識を露呈させていた)のであるが、今回の演奏はそれら事象の背後に在って未だ名付け得ざる空域(airとは観念表象であろう)を直戴にあぶり出す仕儀と相成った。 ギターに憑依した無味無臭な"それ"にエレクトロニクスが点描を加えるといった体。楽器演奏よりかはむしろ絵画的な(素養等彼らには無いし、そんな事を考えさせられたのも初であったが)手の恩寵がBIOTA/MNEMONITSのアートワークを想起させた。
皮(SONTON):先ず改造カシオトーンの異形。オオサンショウウオ(より大きいが)のような図体を抱えて演奏する不如意が齎す特にリズム/音色を選別する際に帯びる古拙味が我流のポストインダストリアルを体現。彼の様な色んな意味での"遊び"が本邦のその手の作家に欠けている事を指摘しておこう。
L'eclipse Nue:Profane GraceとAghastとの余りにも狭い間道から涌いてきたスタジオぬえならぬパワエレ鵺。
うしろ前さかさ族:学校唱歌とEMO/オルタナ系楽曲の落差そのままに留まるのか止揚されうるのかオリジナリティを考えた時、難しい所ではあろう。
Back to top Go down
View user profile
Leecher



Posts : 5
Join date : 2013-11-05
Location : Tokyo,Japan

PostSubject: 2014/03/29 DESTRUCTION CHAOS Vol.21 @桜台pool   Sat Mar 29, 2014 10:57 pm


ライブの所感を書き留めました。
駄文ですがご容赦ください。

1.UNGEZIEFER
UNGEZIEFER氏は全身黒ずくめの衣装でステージに登場。
Roland MC-307をメイン機に、インダストリアルなリズミックノイズを展開。
序盤のアトモスフィックな音は、桜台poolの音響にマッチしていて非常に良かった。
終盤よりハンマーで打ち鳴らしていた、金属製のカゴを改造し自作した楽器は、視覚的にも楽しめた。

2.FACIALMESS
mini-KPのループ音やジョイスティック型オシレータなどの計4つのINより音を出力し、ハーシュなカットアップノイズを構築。
スカッとする爆音で、格好良い。途中に、JR中央線の電車が閉まる時の様子を録音したSEを流していた。あれは何だったのだろう。
やや尺が短い気もしたが、少し物足りないくらいで丁度いいのかもしれない。

3.LINEKRAFT
今回は桜台poolの地の利を活かし、大型スクリーンに映像を投影しながらの演奏だった。
湾岸工業地帯やコンテナ、蒸気機関車の映像がモノクロで淡々と投影されている様子は非常にマッチしていたと思う。
ドラム缶のパーカッションにディレイをかけ、打撃音を上手く反響させてリズムを刻むのには驚いた。
個人的にハイライトは、サイレン音が飛び交う中でスティックを砕け飛ぶほどブッ叩いた瞬間だろうか。
たった1人でこの世界観を作り上げるのは、本当に恐れ入る。

4.Erehwon
中盤まではほぼ演奏をせず、映像のBGMに合わせて吊り下げられた金属板を擦ったり叩いたりする程度であった。
映像の内容はとかく強烈で、水爆実験の光景から戦車、ミサイル、粉塵、爆発、更には2014年2月のウクライナ騒乱。
市民が凶弾に倒れもがく様子や、アジテーショナルなメッセージを写し、観客の想像力を働きかける。
この映像を視聴し、dave phillipsを彷彿とした。彼と異なるのは、反原発といったポリティカルなテーマを明確に主張をしている点だろうか。
その後は反原発デモの音声をバックに、放射性廃棄物用ドラム缶を叩くパフォーマンスを展開。
最後はドラム缶の上に置かれたガイガーカウンターの警告音がピーピー鳴り続け、終了。

5.浦邊雅祥
浦邊雅祥氏のパフォーマンスは、徐ろに開始された。短い鉄パイプをコンクリの床に落とし、擦り付け。
チェーンを首と脚立に巻き付けて、鉄パイプで脚立を叩いたり、身体を移動し脚立を引き摺ったりする。ほぼ自傷行為に等しい。
それからアルトサックスを手に取り、演奏が開始された。汗だくのまま地団駄を踏み、時おり呻き声をあげ、全身を使用して渾身の力でアルトサックスを吹く。
壮絶である。間の取り方を非常に意識しているように見受けられ、まるで雅楽のようであった。

6.HovH (GRIM + VASILISK)
まず桑原氏はMTRとミキサーを操作し、スクリーンに投影された映像に合わせるようにインダストリアルダンスミュージックを再生。
そして電子ドラムを叩き、リズムを刻んでゆく。電子ドラムより連打されるタムは、ゴルジェのよう。
その後、小長谷氏が登場し、ホーミーのように声を上げて観客席を練り歩いていく。
スクリーンに「welcome to white hospital」の文字が刻まれた事や、小長谷氏の手首に白い包帯が巻きつけられていた点など、
HovHというよりはWhite Hospitalとしてのステージを意識していたように見受けられた。
観客のテンションも次第に上がっていき、踊り狂う人もチラホラ散見される中、絶叫しながら小長谷氏らはステージを後にする。
この点は近年のGRIMのライブと一緒か。出演者が不在のまま映像は再生。
「everything you know is wrong..」「it is as it was..」の不穏なメッセージが刻まれ、ライブは終了した。

今回の企画では、桜台poolの広大なコンクリ打ちの空間が出演者に相性良くマッチしていたのではないかなと思う。
全体として、非常に満足できる企画だった。
Back to top Go down
View user profile https://soundcloud.com/leecher4410
Sponsored content




PostSubject: Re: 聴いた音源観たライヴ2014   

Back to top Go down
 
聴いた音源観たライヴ2014
View previous topic View next topic Back to top 
Page 1 of 1
 Similar topics
-
» 2014 wishes for all brands
» CollectA 2014: FARMLIFE - Ankole-Watusi Family (88648 + 88649 + 88650)
» CollectA 2014: SEALIFE - Bowhead Whale (88652)
» Bullyland news for 2014
» January 2014 Banlist Predictions

Permissions in this forum:You cannot reply to topics in this forum
NOISE4NOISE :: DISCUSSION :: REVIEW-
Jump to: